玉垣 名島神社(福岡市東区)

2012-05-12

  福岡市東区の名島神社に田中造庭園様のお世話で玉垣を制作させていただきました。

今回拝殿を新築するに当たり、本殿をお守りするため石の玉垣で本殿を囲い、東西南北の四隅の柱に天の四方を司る四神獣を描いた有田焼の陶板をはめ込みました。東が青龍、南が朱雀、西が白虎、北が玄武(亀と蛇が合わさったもの)で、高松塚古墳の壁画にも描かれています。
名島神社は神功皇后に纏わる由緒ある神社としてこの山の頂上に祭られており、その後山の中腹に豊臣秀吉が九州を平定した折、小早川隆景に命じて九州守護の拠点として名島城を作らせました。

その後、黒田長政が現在の福岡城の築城の際解体移築し、名島城の跡に現在の名島神社が移築されました。
現在は春の桜や潮干狩りの名所として、福岡市民に親しまれています。