森山建材の想い

title_omoi_03

moji_05

長年、「福岡の石材の商品企画・設計・施工のプロ」としてやってきて、

ふと、このように思ったことがあります。

私が思ったのは、石は固くて重たいものなので、
石に永遠を求めたからではないでしょうか。

~建物は、永遠に壊れない住み家として。

~石仏は、永遠の祈りの対象として。

~神社の鳥居や狛犬などの造形物は、

 ご神体を守り、この場所を聖域として

 この地域、この国を永遠に守り続けるものとして。

~お墓は、死のイメージではなく、

 生きた証と次の世代につながるための家の聖地として。

このように古来より石に永遠を求めたからこそ、

人は石に安らぎを覚えるのではないでしょうか。

omoi

当社もお陰様で「福岡の石材の商品企画・設計・施工のプロ」として

創業58年になります。

その中で、ふと立ち止まり、四季の流れや風の音、水の流れ、

植物の緑の色や生き物の営み、人が忘れかけている懐かしいもの、

ほっとするようなものなどに耳を澄ませることで、

感性を磨き続けたいと思います。

そして、古来より石の硬さに永遠を求め、

次の世代への想いを込めた石製品を作っていくことで、

あなた様のお役に立てればと思います。

代表取締役 森山達巳